ArCS 北極域研究推進プロジェクト

ArCS通信

ArCS通信

今年の8月20日から10月5日の期間、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する海洋地球研究船「みらい」は北極海における観測航海を実施します。私たちは「みらい」へ大気中の温室効果ガスの観測システムを設置するために静岡県の清水港を訪れました。

北極海の海氷域は毎年9月中旬前後にその年の最小面積を記録します。JAXAの水循環変動観測衛星「しずく」の観測データによると、今年の年間最小面積は史上2番目の小ささを更新すると予測されます。北極域データアーカイブシステム(ADS)で公開している北極海氷面積のデータでは、今年の海氷面積が、9月に入り、これまで史上2番目に小さかった2007年の年間最小面積を下回っていることが確認できます。

カナダ・ケベック州のWhapmagoostui-Kuujjuarapikという街の周辺のツンドラと森林の移行帯で調査をしています。KuujjuarapikにあるCEN(Center for Northern Studies)の基地を起点にベースキャンプを移動しながら、基地滞在数日ののち、キャンプでの野外調査を5-7日程度というサイクルでの調査を7月初旬から9月上旬まで続けています。