ArCS 北極域研究推進プロジェクト

ArCS通信

ArCS通信

グリーンランド(デンマーク自治領)は、環境変動と社会変化の結節点として、多くの注目を集めています。例えば、海水温の上昇や結氷期間の短縮といった気候変動現象は、陸・海棲哺乳動物や水産資源とともに生きる人たちの生活に、少なからぬ変容を迫っています。同時に、近年の環境変動が、石油や天然ガス、鉱物資源の商業的利用の可能性を高めたことによって、グリーンランド政治の中枢では、経済的自立と本国デンマークからの独立を示唆する政治家が台頭するようになりました。このように、今日のグリーンランドは、環境変動と社会変化が「交差する」場として認識され、それが全地球的に影響を与え得る可能性を秘めていることから、研究者だけでなくジャーナリストや冒険家を含め多くの人たちが関心を寄せる場となっています。

ブラックカーボン及びメタンに関する第三回AC専門家会議が2016年10月25, 26日にアメリカのワシントンDCで行われました。アメリカ、カナダ、デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、AAC、ACAP、イタリア、日本、韓国、EU、ACから26名が参加し、日本からは、国立極地研究所の近藤 豊(特任教授)が出席し討議に参加しました。

8月22日から10月5日まで、JAMSTECの海洋地球研究船「みらい」の北極航海に北海道大学水産科学研究院から4名乗船してテーマ6に関する観測を行っています。我々の研究目的は、「豊穣の海」である北部ベーリング海のアナディール水塊の高い生物生産(主に魚、哺乳類や海鳥の餌になるプランクトンについて)がどのように維持されるのか、また、その生物生産の高いアナディール水塊が周辺海域の海洋生態系に及ぼす影響について解明することです。

ArCS平成28年度第1回プロジェクト全体会合を、2016年6月23日(木)海洋開発研究機構横浜研究所 三好記念講堂にて開催し、研究者をはじめとする約80名が参加しました。

プロジェクト参加者が一堂に会する場としては昨年11月のキックオフ全体会合以来2回目となった今回は、各実施メニューの成果や実施計画の発表に加え、国際共同研究推進メニューのテーマ7「北極の人間と社会」と他のテーマとの連携について3つのセッションを実施しました。

2016年「みらい」北極航海

2016年「みらい」北極航海が北極域研究推進プロジェクト(ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)のもとに実施され、8月22日から10月5日までの45日間にわたり北部ベーリング海及び北極海を中心として大気-海洋から生態系に及ぶ総合的な観測が行われました。

2016年は北極海全体では衛星観測史上2番目の最小海氷面積を記録しましたが、チュクチ海北部にはバロー沖からロシア海域にかけて海氷が残り (図1、写真1)、当初の観測計画は変更、あるいは中止を余儀なくされました。しかしながら、ユニークな海洋環境や生態系が維持されている海域は、海氷・気象状況の許す限り重点的に観測を行いました。このような海域は、近年の温暖化や海氷減少に大きく影響され、海洋環境や生態系が変わりつつあります。

2016年8月22日から10月5日にわたる海洋地球研究船「みらい」MR16-06次航海で実施した、北極海での環境変化が植物プランクトン群集に及す影響の調査に関してご紹介します。(テーマ4 「北極海洋環境観測研究」)

近年のグリーンランド氷床における質量減少は、海面上昇だけではなく地球規模の海洋循環や気候の急激な変化をもたらす要因として懸念されています。我々のグループでは、このようなグリーンランドの気候・氷床変動を明らかにするため、グリーンランド氷床北東部で実施される国際深層掘削計画(EGRIP)に参加してデンマークをはじめとする各国と共同研究を行っています。EGRIPで本格的なアイスコアの掘削が行われるのは2017年からの予定ですが、今年はその予備調査として6月末から1ヶ月間行われた現地観測に参加してきました。日本からのメンバーは私と、同じく国立極地研究所の中澤文男さん。アイスコア掘削予定地点周辺(75°62’68”N 35°99’15”W)において積雪表面および断面の観測を行いました。