ArCS 北極域研究推進プロジェクト

ArCS通信

グリーンランド北西部フィヨルドでの海洋観測(カナックから③)

氷河の観測に引き続き、2013年より継続して調査を行っているボードインフィヨルドでの海洋観測を行いました。氷が海へ流出しているボードイン氷河の末端部では、ここ数年で急速に氷が失われています。

氷河が接地する海底地形の形状や、氷河が接する海水の温度上昇などが、ここ数年で見られる氷の消失に関係していると考えられています。今年の観測では、海 底地形をより詳細に把握するための音響探査と、フィヨルド内を循環する海流の水温や塩分、流れの速さなどを長期間調べるための観測機器の係留を行いまし た。また氷河からフィヨルドへ流出する氷山や淡水、土砂が、フィヨルド内の化学物質の循環、ひいてはフィヨルドに生息する微細な動・植物プランクトン、ま たそれらを餌にする魚、海鳥に与える影響を調べるため、海水のサンプリングや、プランクトン・魚類のサンプリング、海鳥の目視調査などを行いました。

漢那直也/北海道大学(テーマ2実施担当者)

観測機器の係留。カナック村の現地協力者と連携して、水深約500mに水温センサーなどを設置しました。1年後に観測機器を回収します。

化学分析用海水のサンプリング。採水器を用いて最大水深800mから採水します。

動物プランクトンのサンプリング。網目の小さい特殊なネットで動物プランクトンを採取します。