ArCS 北極域研究推進プロジェクト

ArCS通信

グリーンランド北西部、氷床上の観測1 —自動気象測器のメンテナンスー

グリーンランドの80%を覆う氷床は、近年、地球温暖化のため質量が減少してきています。質量減少のプロセスは単純ではなく、その実態の解明のために各国がグリーンランド氷床の各地で観測を行っています。日本は、2012年6月に気象研究所、国立極地研究所、北海道大学などが協力し、グリーンランド北西部の氷床上に観測サイトを設定し、高さ6mの自動気象観測装置(以下、気象測器)を設置しました。

その場所は、その観測プロジェクトの名前からSIGMA-Aサイトと呼ばれ、2012から2014年の夏には毎年観測キャンプをして気象・雪氷の観測を行ってきました。また、気象測器で測定された気象データは人工衛星を通して、設置から5年間、毎日日本に送られています。SIGMA-Aサイトは、冬季に降り積もった雪が夏に融けきらずにが積もっていく地域(涵養域)にあり、気象測器は年々50〜70cmずつ埋もれていってしまうため、定期的に支柱を継ぎ足していく必要があります。前回、支柱を継ぎ足したのは2014年なので、かなり埋もれていることが予想されていました。今回の観測の最大のミッションは、気象測器の支柱を1.5m継ぎ足すことです。

5月下旬、グリーンランド北西部のカナック村に到着し、観測資材や食料の準備をした後、ヘリコプターをチャーターしてSIGMA-Aサイトに向かいました。予算は往路2便、復路2便しか都合できなかったため、ヘリコプターの中は、観測メンバー(6名)と観測機材、食料、燃料で満載です。約1トンの荷物を運び込んで、氷床上にテントを張って観測キャンプがスタートしました。気温はマイナス10度程度と快適でした。

気象測器は前回より1.2m埋まっていました。風が穏やかになった観測3日目に気象測器の立て直しを行いました。高さ4mの三脚を作りチェーンブロックを吊して、気象測器を根元から引っこ抜く。一旦下ろして横にねかせ、センサーを交換した後、支柱を一本継ぎ足し、チェーンブロックでさっきより1.5m高くつるし上げ、元の支柱にはめ込み完了。文字にするとあっという間ですが、丸一日がかりの作業でした。当然、クレーンなどの重機はないため、全ての作業は人力で行わなければならないし、メンバーも6人しかいないので、始める前に何度も議論をし、確認しながらの作業でした。無事やり遂げた時は、心からほっとしました。

この観測は、(1)ArCSプロジェクト、(2)SIGMA-IIプロジェクト(科研費基盤(A)「近年のグリーンランド氷床表面の暗色化と急激な表面融解に関する研究」(研究代表者:岡山大学・青木輝夫),(3)環境省地球環境保全試験研究費「光吸収性エアロゾルの監視と大気・雪氷系の放射収支への影響評価 —地球規模で進行する雪氷圏融解メカニズムの解明に向けて—」(研究代表者:気象研・保坂征宏)との共同で行われました。

的場澄人・北海道大学(テーマ2実施担当者)

SIGMA-Aサイトの気象測器のメンテナンスを前に気合いの入ったメンバー

SIGMA-Aサイトで再び稼働し始めた気象測器